私たちはどうかしている

私たちはどうかしている4巻原作漫画ネタバレ!椿の告白に七桜が出した答えとは

2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」

過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。

この記事では「私たちはどうかしている」の原作漫画4巻の原作あらすじをネタバレしています。

‘偽りの結婚‘をした二人は本当の意味で結ばれるのか・・・

ここからネタバレになりますのでご注意下さい。

私たちはどうかしている3巻原作漫画ネタバレ!閉じ込められた七桜は!?2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」 ! 過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。 こ...
Sponsored Link

私たちはどうかしている4巻16話のあらすじ【ネタバレ注意】

大事な茶会が迫るなか、七桜に惹かれていることを告白した椿。

 

七桜にとって椿は初恋の相手でした。

私たちの関係が‘偽り‘でなく‘普通‘だったら、涙が出るくらい幸せな告白なのに。

椿の気持ちに答えたい素直な気持ち、「さくら」だと知ったら一緒に真実を探ってくれるかもしれないという希望、椿が「さくら」を恨んでいる恐怖。

様々な感情が入り混じる中で一番強い想い。

真実を知りたい想い。

そのためなら地獄へも落ちる覚悟をしてきたのだと、嘘を突き通した七桜。

椿はそんな真っ直ぐに伝える七桜を信じることにしたのでした。

 

それからはひたすら茶会の準備。

椿から厳しい指導を受ける七桜でした。

 

厨房で過ごす時間が長くなった七桜は、新人職人・城島と話す機会が増え、気が合う2人は楽しい時間を過ごします。

それを見た椿。

七桜は自分の前では笑わないことを問い詰め、軽くキスをしたのでした。

赤くなる七桜。

以前の椿の態度と異なり、「さくら」じゃない自分を本当に好きでいてくれていることを実感し、胸が痛む七桜。

 

何もかも忘れて椿と幸せになる道もあったのだろうか・・・

本当は毎日のように不安になるのでした。

自分が選んだ道が本当に正しかったのか。

 

お茶会当日の朝、2人が目指す完璧な‘落とし文‘が完成します。

その中の大旦那に出す‘落とし文‘は自分が作るという椿。

2人の間にいったい何があったのか・・・

一歩踏み込み尋ねる七桜。

 

そのお茶会前日。

‘七桜の母親‘を名乗った女性の店に現れたのは、不気味に微笑む女将だったのでした。

私たちはどうかしている4巻17話のあらすじ【ネタバレ注意】

嘘には2つある。

人を守るためにつく嘘と、人を傷つける嘘。

七桜がついた嘘は紛れもなく後者。

 

女将は眠る七桜の懐から‘七桜の母‘を名乗る女性が営む店の名刺を拝借していたのでした。

女将は、‘こんな店をつぶすことは簡単‘といわんばかりに圧力をかけ、七桜の件から手を引かせたのでした。

 

小さいころの一番楽しかった思い出を話し出す2人。

七桜は母親と幼い椿と見た桜を想い、椿は父や大旦那が熱心に茶道を教えてくれたことを想ったのでした。

父である高月樹が亡くなってちょうど1年半たった日。

ずっと何かを隠している様子の椿に、大旦那が‘あの日‘のことを尋ねたのでした。

2人がキスしていたことを正直に話すと、取り乱す大旦那。

高月樹を病死として真相を解明しないまま弔ったことを悔やむ大旦那。

そして椿を‘嘘つき‘と罵倒し、それから椿が作った和菓子を口にしなくなったのでした。

そして決定的な出来事が。

大旦那は踏切で動けない椿を見捨てたのです。

大旦那にとっていちばん大事なのは、‘高月家の血‘なのだと思い知った椿。

 

2人の確執を知り、大事に愛されて育ったと思っていた七桜は驚きを隠せないのでした。

私たちはどうかしている4巻18話のあらすじ【ネタバレ注意】

あの日、椿は一度失いかけた命を光月庵を継ぐことに使うと誓ったのでした。

 

お茶会へ訪れた2人。

椿は七桜の母に濡れ衣を着せ、ずっと憎んできた存在。

しかし本当は・・・。

椿のことを知る度に、真実も自分の気持ちもわからなくなる七桜。

 

そんな折、茶会の席に姿を現さない大旦那を探す2人。

体調のすぐれない大旦那を見つけた七桜が手を差し伸べます。

支えようとした七桜に対し、大旦那はそれを振り払いすごい険相で椿を非難したのでした。

辛い状況でいつ辞めても良かった和菓子作りを今でも続けている椿に対し、七桜は‘純粋な人‘だと大旦那へ真っ直ぐに伝えたのでした。

途中から話を聞いていた椿が間に入り、大旦那を茶会へ連れて行きます。

大旦那を無事茶会の席に案内出来、安堵する七桜。

大事な茶会に緊張し震える椿は、七桜に抱き着きます。

七桜に‘絶対に大丈夫‘と言われると不思議と落ち着く椿。

 

その後、茶会を主催する亭主が2人の持参した和菓子を確認し絶賛します。

しかし、前日に連絡したアレルギー用の別の和菓子の用意がない、と伝えられます。

何も聞いていない・・・大旦那の嫌がらせと感づく2人。

この場で、あんこなしで作れる和菓子。

そんな状況でも1つだけ作れる和菓子がある、と椿は行動に出たのでした。

私たちはどうかしている4巻19話のあらすじ【ネタバレ注意】

‘落雁‘

粉をふるいにかけて型に押し固めるシンプルな和菓子。

その和菓子を急遽作ることにした2人。

椿は茶会を開く店に粉を借り、七桜は光月庵へ型を取りに行ったのでした。

七桜は店から戻る途中、茶会に参加していた‘謎の男性‘と再会ます。

時間がない中、何から聞けばいいか混乱する七桜。

そんな七桜を見た男性は、茶会終了まで茶会にいることを伝えたのでした。

 

戻った七桜は椿に型を渡します。

その型は、昔父が椿のために作ってくれた思い出の可愛い動物の型だったのでした。

 

無事茶会に‘落雁‘を間に合わせることが出来た2人。

茶会の席で和菓子の説明で茶会へ顔を出すと、動物の落雁をみて喜ぶ子どもの姿がありました。

2人の気持ちが届き、心が温かくなります。

椿は七桜の手を握り心を落ち着かせながら、愛情に感謝する日に‘落とし文‘を作ったことを説明します。

そして自身にとって、光月庵は父の大切な愛だと伝えます。

ここで和菓子を作ることで高月家の人間でいられる。

幼いころ一度父を裏切り、自分の見ていた父は偽りだったのではないかと思ってしまった。

しかし信じていくことにしたこと。

父の考えを継ぎ、大切に残していればいつか取り戻せるはずと。

亡き父と大旦那を重ね、真っ直ぐ気持ちを伝えたのでした。

 

大旦那に食べてもらえなくて捨てられてきた和菓子。

いつかきっと届き、もう一度食べてくれると信じたい。

椿の話を聞いた大旦那。

‘落とし文‘を前に神妙な表情を浮かべているのでした。

私たちはどうかしている4巻20話のあらすじ【ネタバレ注意】

茶会に集まった人々が笑顔で‘落とし文‘を食べる中、大旦那は亭主に何か伝え、和菓子を下げさせたのでした。

 

茶会が終わり七桜は先ほど再会した‘謎の男性‘にもう一度会うため、茶室へ向かいます。

そこで亭主に、男性の名は‘多喜川‘といい、この辺り一帯の地主で色々な事業を手広く行っている人、と教えてもらうのでした。

男性を見つけた七桜。

多喜川は七桜の作った‘落とし文‘は七桜の母と同じ味がしたと伝えたのでした。

多喜川の父は年の行事を大切にする人でした。

その都度、光月庵の和菓子がテーブルに並び家族が顔を合わせた。

若き頃の多喜川は、家族を笑顔にする和菓子にはすごい力があり、これを作っている人はどんな人だろうと思っていたのでした。

そんな折、一度だけ光月庵で七桜の母に会い、春風のように温かく笑う人だと感じたこと。

七桜への手紙は亡くなった父から受け取った物だということ。

もう二度と食べられないと思っていた家族の味を食べれたことが嬉しかったことを、多喜川は七桜へ伝えました。

そして、七桜が和菓子を作り続ける限り多喜川は七桜を見守っていることも伝えたのでした。

 

片付けをする椿と七桜。

椿は‘落とし文‘も‘落雁‘も喜んでもらえたと笑いますが、大旦那に椿の気持ちが伝わらなかったと思う七桜は素直に喜べませんでした。

そんな2人に亭主が大旦那は和菓子を持ち帰ったことを伝えたのでした。

 

光月庵に戻った大旦那。

息子・高月樹の仏壇の前で語りかけながら、椿の作った‘落とし文‘を楽しんだのでした。

それを見て涙を浮かべる椿。

 

七桜はよかった、と自分のことのように安堵します。

10年間一度も食べることのなかった椿の和菓子。

七桜と出会ってから色々な奇跡が起こる、と思う椿。

椿は七桜へ礼をいい、抱き寄せます。

今回、椿は心から七桜を抱きたいと思ったのでした。

そして七桜もまた自分の気持ちに抗えず、2人は肌を重ねたのでした。

 

その頃、女将が茶会の急な連絡を椿に伝えなかったことを咎めていました。

それ相手はなんと若手職人・城島だったのでした。

私たちはどうかしている5巻原作漫画ネタバレ!城島が仕掛けた罠とは2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」 ! 過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。 こ...
Sponsored Link

私たちはどうかしている4巻の感想【ネタバレ注意】

椿と七桜の距離がグググッと近くなりました^^

特に椿は七桜へ気持ちが向いていて、素直に気持ちを伝える場面もあり前巻から比べると甘い展開が多いです!

七桜も理性では駄目だと理解しながらも、心が椿に向いていて抗えない様子。

このまま2人が幸せになればいいですが・・・。

 

そしてドロドロ展開としては、なんと七桜と仲良くしていた城島が女将と悪い顔をして話していました><

椿に恨みがあるのか、七桜に恨みがあるのか。

今後の展開が気になります♪

Sponsored Link