私たちはどうかしている

私たちはどうかしている11巻原作漫画ネタバレ!大旦那に正体を打ち明けた七桜

2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」

過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。

この記事では「私たちはどうかしている」の原作漫画11巻の原作あらすじをネタバレしています。

‘偽りの結婚‘をした二人は本当の意味で結ばれるのか・・・

ここからネタバレになりますのでご注意下さい。

私たちはどうかしている10巻原作漫画ネタバレ!ライバル同士になった2人2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」 ! 過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。 こ...
Sponsored Link

私たちはどうかしている11巻50話のあらすじ【ネタバレ注意】

母屋で倒れる大旦那。

その横に座り込む七桜。

そこへ現れた椿。

 

一瞬、お互い止まりますが、椿はすぐに大旦那の蘇生に取り掛かります。

そこへ女将が現れ、七桜が大旦那に何をしたのか問い詰め、さらに警察を呼ぶよう促します。

その時、大旦那が意識を取り戻し、自分と七桜2人きりで話が出来るよう頼んだのでした。

驚き焦る女将は、七桜が持ってきた‘母が残した高月樹と七桜のDNA鑑定書‘をやぶってしまったのでした。

 

母屋を出た椿は、大旦那が倒れたことは女将が仕組んだことだと気づいていました。

女将は悪びれるそぶりすらありません。

そして、高月樹の子どもは椿と言い切るのでした。

 

栞から3年前の火事のときの話を聞いた椿。

煙が充満する屋敷の中、栞は倒れている椿を見つけました。

駆け寄ると朦朧とする意識の中、七桜のところに戻る・・・とうわ言のようにつぶやいていたのでした。

椿は最後まで七桜との約束を守ろうとしていた、と。

家に伝わる道具は女将が守ったのですが、女将は椿が守ったと周囲へ伝えていました。

真実を知る栞に対し、女将は椿のためといい、無言で口外をしないよう圧をかけました。

椿と七桜が別れ、自分にもまだ希望があるかもしれない。

いつか椿の心が自分のものになるかもしれない。

だったら自分が見たものは隠し通そう。

栞はそう思ってしまったこと、ずっと言わなかったことを詫びたのでした。

 

本当のことを知ってたらなにかかわったのだろうか。

自分と七桜との未来があったのだろうか。

そう自分に問う椿。

違う・・・自分と七桜はそんな簡単な関係じゃない。

 

母屋で2人きりになった七桜と大旦那。

大旦那は「さくら」なのか問い、七桜は頷きます。

証拠は女将に処分されましたが、自身が作った和菓子を七桜は渡します。

食べた大旦那には、満開の桜の下で微笑む高月樹が微笑む姿が見えたのでした。

本当は知っていた。

息子にずっと想い人がいたことを。

名前も顔も知らないまま、自分は2人を別れさせ今の女将と結婚をさせた。

結婚相手は家が決める。

今でもそういう風習が残っている世界。

2人がその後も思いを断ち切ることが出来ず、関係を続けていたこと。

七桜の母が数か月間、光月庵の職人として働いていたこと。

それを知ったのは2人が死んで暫くたってからだった。

高月樹は自分と店のことをいつも気にかけていた。

愛する人と自分の立場の間でずいぶん苦しんだのだろう。

2人が一緒になることを許していれば。

高月樹も七桜の母も七桜も・・・今も幸せに暮らしていたかもしれない。

すべての原因を作った自分を七桜は許すことが出来るのか。

大旦那は七桜へ問いかけます。

父と母と自分がいて、3人で笑っている。

6歳の時からずっと何度も夢に描いてきたこと。

本当は許すことなんてできない。

でも、高月樹を想う母の気持ちを消したくない。

父と母が大切にしていた光月庵が欲しい。

ここで母が考えた桜の羊羹を作りたい。

七桜は大旦那へ自分の素直な気持ちをまっすぐ伝えたのでした。

 

椿の元へ向かった大旦那と七桜。

光月庵を継ぐことができるのは、正式な血筋を持つ者だけ。

連綿と続く約束事なのでした。

そしてその権利があるのはだれなのか、今なら調べればわかること。

しかし本当にそれが正しいことなのか。

大旦那は自分に問いかけます。

そして12月31日の大みそか、除夜祭の日。

2人に和菓子を作ってくるよう頼みます。

より美味しく、魂をふるわす和菓子を作った者。

その者に光月庵を譲る、と伝えたのでした。

私たちはどうかしている11巻51話のあらすじ【ネタバレ注意】

1人になった大旦那は、以前作っておいた遺言書を処分します。

先祖の意思に反する行為。

自分のすることはあの世に行っても決して許されないだろう。

仏壇の前で頭を深く下げる大旦那を、椿は陰からみていたのでした。

 

「花がすみ」では七桜が和菓子つくりに明け暮れていました。

除夜祭まで20日。

光月庵を自分のものにする。

この勝負、負けるわけにはいかない。

 

光月庵では女将が苦い表情を浮かべています。

なにもかも捨てて人生を光月庵に捧げてきた。

もし七桜が勝ったら自分はどうなる?

そんな女将の元へ栞が話をしにきます。

栞は椿とは結婚できないことを打ち明けます。

女将は妊娠していないことがわかっていました。

それでも結婚話を進めるのでした。

子どもはどうにでもできる、椿がだめならほかの人でもいい。

相手は誰でもいいからとにかく妊娠すればいいのだ、と。

そう言い栞を抱きしめます。

怯む栞ですが、もう自分に嘘をつかないため拒否をします。

女将と言い合いになりますが、椿が止めに入ったのでした。

椿が大旦那を感動させる和菓子を作れるか、信用できない女将。

高月樹を七桜の母に奪われ、光月庵も七桜に奪われる。

女将は耐えられず、怒りと恐怖に震えます。

七桜は母が無実だと信じている、そう伝える椿。

しかし女将は聞いたのです。

七桜の母が高月樹に言っている言葉を。

2人だけの世界へ行こう・・・と。

しかし直前で幼いわが子を一人に出来ない、と逃げ出したに違いない。

七桜の母が高月樹を裏切った。

女将はそう話したのでした。

父が倒れている場面が浮かぶ椿。

真実は何なのか。

そう思いながらも椿は除夜祭の勝負には必ず勝つ、と強く誓うのでした。

 

朝から和菓子つくりをする七桜。

どんな和菓子にしたら大旦那の心に届くのかわからない。

焦りと不安に飲込まれそうになります。

休みもせず自分を追い込む七桜を、多喜川が休ませます。

和菓子に囚われている姿を見た多喜川。

光月庵を継いでも、このまま花がすみに残っても、たとえ和菓子つくりを辞めても七桜は七桜だと伝えます。

何も変わったりしない。

自信を持って自分が好きだと思う和菓子を作ればいい。

多喜川はいつも七桜が欲しい言葉をくれるのでした。

七桜にキスする多喜川。

そして結婚して欲しいとプロポーズしたのでした。

私たちはどうかしている11巻52話のあらすじ【ネタバレ注意】

多喜川の気持ちを知り嬉しく思いながらも、浮かぶのは椿の顔。

 

「花がすみ」へ訪れた城島。

戸惑う七桜ですが、城島は以前と変わらず和菓子の話を行い笑顔がこぼれる2人。

そして椿と栞の間に子どもが出来ていないこと、結婚はしないことを伝えたのでした。

城島は七桜が姿を消してから心配をしていたのですが、きっと大好きな和菓子を自由に作っていると信じていました。

このまま一生、光月庵を恨んで生きていくのか。

そう問い、城島は自身が作ったわらび餅を置いて立ち去ったのでした。

わらび餅は城島が作りたかった味に近づいていました。

城島は前を向いて生きている。

自分はどうしたらいいのだろうか。

 

12月19日。

尾山神社へお参りへ来た椿の隣へ現れる七桜。

今夜、一晩だけ時間が欲しいと伝え立ち去ります。

 

21時、よろづ楼。

覚悟を決めて2人が集います。

七桜は昔、光月庵にいた頃から椿が大好きだったと伝えます。

そして同時にいつも浮かんでくる光景。

椿が母を指差した瞬間。

それを思い出すとドロドロとした感情に支配される。

好きなのに許せない。

今夜だけ最後に自分を抱いて欲しい。

勝っても負けても明後日が自分たちの最後になるのだから。

最後にする。

椿のことも、光月庵のことも。

そう真っ直ぐ伝える七桜。

一瞬驚く椿でしたが、すぐに覚悟を決めたのでした。

強く抱き合い、愛し合う2人。

あたたかくて、陽だまりにいるような、幸せな夢みたいな気持ち。

私はそんな和菓子を作りたい。

椿に抱かれながら、この瞬間をすべてを焼き付ける。

一分一秒全部。

 

翌朝、椿が起きた時には七桜の姿はありませんでした。

 

明日は除夜祭。

2人の運命が決まる日。

私たちはどうかしている11巻53話あらすじ【ネタバレ注意】

12月31日、大晦日。

栞も城島も、女将でさえも、誰もが光月庵をかけた勝負の行方を気にしていました。

 

亥の刻となり、七桜と椿は母屋へ赴きました。

七桜の和菓子は椀に入った「柚子の上生菓子」。

ひめ柚子の皮をそのまま丸ごと使い、中にあんを詰め、それを包餡したのでした。

やわらかく口の中で溶けるような皮の食感。

それでいて風味もそこなわない、あんの邪魔もしない。

椀に閉じ込めたことでいつまでも香の余韻が残る。

ずっと続く心地よい香り。

五感すべてで伝わってくる。

和菓子が好きだという気持ち。

いつまでも包まれているような、あたたかい和菓子。

大旦那がそういい食べる姿を見て、自分が好きだと思える和菓子が作れたことを確信する七桜。

 

一方、椿が作った和菓子は「つばき餅」。

日本の和菓子の起源ともいわれているお菓子。

そんなシンプルな和菓子を選んだ椿に驚く七桜ですが、つばき餅はとても美しいものでした。

口にした大旦那は驚きます。

なぜこの味を知っているのか。

椿は父・高月樹に初めて教わった和菓子だと伝えます。

かつて、大旦那が高月樹へ教えた。

椿が教わったのは幼い頃。

完璧に作れるはずない、と大旦那は驚きます。

絶対に忘れない、大切な味・・・そう伝える椿。

和菓子が伝えるのは味だけではない。

口にした時の情景。

感じた想い。

そこに確かにあった、優しい思い出。

それこそが代々受け継がれてきたものだ。

椿の想いが伝わり、大旦那は涙するのでした。

 

今一度じっくり考えた後、答えを出す。

大旦那はそう伝え、七桜と椿を待機させます。

そして、女将へ跡継ぎにふさわしい方の和菓子を選ぶよう促したのでした。

女将が選んだ和菓子を作った者を光月庵の後継者とする、と。

椿が作った和菓子を選ぶだけ・・・簡単なこと。

選択権を得た女将は怪しく微笑みます。

 

勝てば未来が開ける。

負ければ今まで信じてきた大切なものを失う。

 

除夜の鐘が鳴るころ、女将が選んだのは・・・

私たちはどうかしている12巻原作漫画ネタバレ!光月庵を賭けた勝負の行方2020年夏スタートドラマ、「私たちはどうかしている」 ! 過酷な運命に翻弄されながらも、惹かれあう2人を描く物語です。 こ...
Sponsored Link

私たちはどうかしている11巻の感想【ネタバレ注意】

ついに。

光月庵をかけた勝負が決まります><

2人で光月庵をやっていく、という選択肢はないんですよね。

七桜は勝利し、父と母が残した光月庵を継ぐことが出来るのか。

椿はどうなるのか。

今後の展開が気になります!

Sponsored Link